石井準一 氏top

    

石井準一氏国会の参議院での発言

石井準一氏の発言




■国会の参議院での発言

自由民主党の石井準一です。私は、自由民主党たちあがれ日本・無所属の会を代表して
社会保障制度改革推進案等について質問を致します。

野田総理、総理と私は、昭和62年に千葉県議会委員に当選した同期生であり、歳も一緒
昭和32年生まれであります。当時の総理は、爽やかな若手政治家として、いつも未来を語っていたものであります。
松下政経塾塾出身の注目を集める政治家の一人として大いに期待をされておりました。
その後、総理は国政に進み、私は、県議会委員を5期務め現在、参議院議員として、活動しております。
私は、同郷の同期生が総理大臣になった事を大変、誇りに思っております。
頭角こそ違いますが、我々の政治家としての原点は同じだという思いからであります。

自由民主党の石井準一です。私は、自由民主党たちあがれ日本・無所属の会を代表して
社会保障制度改革推進案等について質問を致します。

野田総理、総理と私(石井準一)は、昭和62年に千葉県議会委員に当選した同期生であり、歳も一緒
昭和32年生まれであります。当時の総理は、爽やかな若手政治家として、いつも未来を語っていたものであります。
松下政経塾塾出身の注目を集める政治家の一人として大いに期待をされておりました。
その後、総理は国政に進み、私は、県議会委員を5期務め現在、参議院議員として、活動しております。
私は、同郷の同期生が総理大臣になった事を大変、誇りに思っております。
頭角こそ違いますが、我々の政治家としての原点は同じだという思いからであります。

しかし、総理になってからのあなたは、理想と現実との食い違いに大変苦しんでいる様に見えます。
そして、苦しんだ末に、理想よりも現実を選んだと言うことなのでしょうか?
最近は、総理の口から嘗ての様に未来や理想についてのお話しを聞く事がなくなってしまったように思われます。
総理は、消費税増税に政治生命をかけると繰り返されております。何時頃から、その様な考えになったのでしょうか?
総理が、政治家になられた時の理想はなんだったのか。また今、現実に〇〇されていることは、その理想と
合致しているのか、お伺いをしたいと思います。

次に、本日の議題になっております、一体改革推進法案とその元になった三党合意について伺います。
法案では自助・共助・公助が最も適切に組み合わされる様、留意すると書かれております。
また、年金医療及び介護においては、社会保障制度を基本とすると書かれております。
先日、衆議院の審議で、我が党の谷垣総裁が主張したように、これは、民主党のバラマキ政策に歯止めをかける
宣言に他なりません。これまで、民主党は、何でも、社会で面倒見ると言わんばかりに、社会保障分野に野放図に
税金を投入するという政策を主張してきました。子ども手当も最低保証年金も生活保護の拡大もそうであります。

 

 

 

最新記事

ビリギャル 窪田先生から学び政界での行き方!

 

 

石井準一氏の発言 続き

石井準一氏の発言2 続き

石井準一氏の発言3 続き

石井準一氏の発言4 続き

 

子供手当の石井準一氏発言

平和安全法案での発言

千葉某駅前での応援演説

 

 

 

元に戻る  》》》 石井準一氏の国会参議院での発言

 

 

   

 

 


フッターのライン

  
                Copyrights(C)2012 DAINISHINSOTU CO.LTD All rights reserved  石井準一 氏top