石井準一 氏top

  

 

ビリギャル 窪田先生のセミナーに参加して


 

  

 

最近、「ビリギャル」で有名になった窪田先生のセミナーを聞いてきました。

何故学年ビリの生徒が2年程度で一気に国内最高峰の私学の「慶応義塾」に合格させることができたのか・・・

まさに論理的な戦略に唖然としました。

1、プロに聞く

2、素直に行動する

この2点が大学受験に限らず、物事を最短で習得するコツだと思います。

例えば勉強法でも、ランチェスター戦略さながらの勉強法でした。

 

■通常テスト勉強する場合・・・

まずは問題を解く(30分)→ 解説・回答をみる(15分)→更に問題を解く

しかし窪田方式は

もともとやり方がわからないのだから

解説・回答をみる(15分)→問題を解く

これを何度も繰り返す事で沢山の問題を解く経験が詰めます。

問題を解くにしても元々わからないので、時間の無駄なので

解説・回答をみて、やり方を学び問題の解き方を身につけていく。

 


■センター試験は私大なら70%の回答でOK

東大のセンター試験通過率は55%!

私大ののセンター試験通過率は70%!

つまりあなたが東大を目指すなら、センター試験に時間を費やすのは55%正解する分だけ

勉強すれば良いのです。

なのに人はあながち、東大だからあながちセンター試験を100%正解するように

努力します。それだけ時間を無駄にしているのです。

窪田先生曰く、あなたの志望校は2−3校に絞るべきなのです。

2−3校に絞ったなら「その学校に入学するには何が必要か?」か分析するのです。

なのに大抵の受験生はそれすら考えた事もないのが実情です。

 

「入学する為に何が必要か?」

 

そう質問されればごもっともなのに、なぜかその発想が湧かない。

ちなみに慶応義塾に合格する為に日本史を勉強するならどのように勉強をスタートしますか?

「まずは縄文時代から勉強しよう!」こんな風に思いませんか?

・・・

・・・

・・・

しかい慶応義塾は1600年以降しかテストにでません。

「えっ!そうなの!」

あなたが目標を絞るからこそ、それに標準をあわせてゴールの分析をすることができるのです。

慶応義塾に入学したいのに・・・この事実を知らなければ

時間をどのぐらい無駄にするか・・・ゾッとします。

 

■配点・配分、テストの制限時間は?

さらに目標が明確なら、より細かい分析も可能になります。

英語、社会の2教科で入学できる学部もあります。

それなその2教科をどのような時間配分でテスト勉強しますか?

1日9時間勉強するとして・・・

英語4.5時間、社会4.5時間でしょうか?

・・・

・・・

・・・

慶応義塾の配点は英語200、社会100の振り分けです。

つまり英語6時間、社会3時間にテスト勉強を振り分けるのです。

もちろん英語の中でも文法、英作文などのカテゴリーに分類されるので

それもどのように配分すべきか見えてきます。

それを考えた上でセンター試験までに何日時間あり、何を優先して勉強すべきか

そして何は切り捨てるべきか???

そのような事が見えてくるのです。

 

■人は緊張すると、失敗を意識すると・・・能力が一気に下がる

地面に木の板(幅30cm、長さ10m)を置いて

「最初〜最後まで歩いてください。」

「落ちずに、歩ききったら100万円もらえます。」

と言われたら大抵の人喜んでチャレンジし、成功するでしょう。

 

しかし60階建てのビルが2つ並んでいて、60階の頂上からこの木の板で2つのビルに架け橋を作ったとします。

「落ちずに、歩ききったら100万円もらえます。」

ドキドキしませんか?

地面に置いた時は、30cmの幅が広く感じたのに・・・同じ30cmが狭く感じる事でしょう。

「失敗して落ちたらどうしよう?」などとネガティブ思考になった瞬間に

人の能力は一気に低下します。

 

■毎日今より1%成長する!

毎日昨日の自分より1%成長する事で、1年後には37.78倍に成長します。

つまり1mの植物が毎日1%づつ成長すると翌年には37.78mにまで成長しているのです。

ですので日々ちょっとした努力があなたを大きく成長させるのです。

 

 

 

 



最新記事

ビリギャル 窪田先生から学び政界での行き方!

 

 

石井準一氏の発言 続き

石井準一氏の発言2 続き

石井準一氏の発言3 続き

石井準一氏の発言4 続き

 

子供手当の石井準一氏発言

平和安全法案での発言

千葉某駅前での応援演説

 

元に戻る  》》》 石井準一氏の国会参議院での発言

 

 

   

 

 


フッターのライン

  
Copyrights(C)2012 DAINISHINSOTU CO.LTD All rights reserved  石井準一 氏top