石井準一 氏top

    

 

石井準一氏国会の参議院での発言 3

石井準一氏の発言のつづき




次に裁決で造反をした民主党議員への対応について、お伺いを致します。

今回の法案は三党合意に基づいた内容になっているわけでありますから、法案に対する、

造反は三党合意に対する、造反に他なりません。

今回、民主党議員が大量に造反しましたが、これは民主党内だけの問題だけではなく、

三党合意に対する造反なのです。我が党の、ただゆき総裁もそのことは、名言は、しております。

我々は、三党合意の当事者として、造反者を厳しく処分すべきだと考えます。

これは、たとえの干渉でもなんでもありません。党と党との信頼関係の問題だからです。

ところが、民主党は離党していたい造反者に対しては、あまい処分をするに止めております。

民主党議員の数が減っては困るから、あまい処分にする、許されることではありません。

ここで、あまい処分を許してしまっては、参議院の裁決にも悪影響がでます。

参議院で、三党合意に対する造反をださないためにも、造反者を厳しく処分すべきだと考えます。

その考えはあるのか。総理に、お伺いを致します。

また、今回政権与党の内部から報道官の約束を破った、これだけの造反者を出した事について

総理の責任は、免れられないと考えますが、総理はご自身の責任をどうお考えているのか、

お考えをお伺い致します。

更に、総理は今後の参議院での裁決の際には、民主党に残っている人は決して造反させないと

約束して戴きたいと思います。

そうでなければ、民主党を信用することは出来ません。

約束できますでしょうか?お伺いを致します。

 

 

最新記事

ビリギャル 窪田先生から学び政界での行き方!

 



石井準一氏の発言 続き

石井準一氏の発言2 続き

石井準一氏の発言3 続き

石井準一氏の発言4 続き

 

子供手当の石井準一氏発言

平和安全法案での発言

千葉某駅前での応援演説

 

 

前のページに戻る  》》》 石井準一氏の国会参議院での発言 2

 

 


フッターのライン

  
                Copyrights(C)2012 DAINISHINSOTU CO.LTD All rights reserved  石井準一 氏top